マンション売却にリフォーム

マンション売却に有利なポイント

賢くマンションを売却する為に

気に入って購入したマンションも、ライフスタイルの変化により買い替えを検討する時期が来ることは珍しくありません。しかし、大切に暮らしてきたマンションを手放すのですから、「なるべく高く売りたい」もの。ではマンションの売却価格をなるべく高くするためには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

>マンション売却の不動産会社をお探しならこちらを参考にしてください。

まず、マンションの売却においては、転勤や子供の学校の入学に合わせた3月が最も成約率が高いことはマンション売却に関する知識の基本中の基本です。また、サラリーマンのもう一つ異動時期のピークでもある9月~11月の秋にもマンション売却のチャンスとなる時期が来ます。この二つの時期のいずれかにマンションを売却するのが、最も最適といえるでしょう。

確かにインターネットでマンション物件情報を検索することが容易になった今、住み替えを検討する人やマンション売却益で収入を見込む人々など、常に物件情報に目を光らせている人も少なからずいるようです。しかし、それでも「引っ越す必要がある」とやむにやまれぬ事情で「住居を動かざるを得ない」という人たちが多く発生するのはこの二つの時期なのです。

では実際にマンションを売却するとなるとどのような手順を踏めばよいのでしょうか。不動産業者を通じて売買を成立させることになりますが、まず媒介契約の種類には、一般的には「一般媒介」および「専任媒介」があります。このどちらかを選択することになりますが、それぞれ売主にとってメリット・デメリットがあります。どんな物件の場合に「専任媒介」と「一般媒介」がどちらがよいのでしょうか。

「専任媒介」は、一社に広告他すべてを任せるやり方です。契約した仲介業者にとっては、媒介報酬が保証されたようなものですから、広告費や営業経費などかかったコストが無駄になるリスクはなく、高く売れるほど報酬も高くなるというわけです。そのような理由で積極的に活動してくれることが期待できます。

「築年数が経ち若干古い」や「駅から遠い」等、条件がよいとはいえない物件は、活発な販促活動が期待できる「専任媒介」がおすすめです。対して、駅近の優良物件は、「一般媒介」がよいでしょう。複数の業者に依頼するためどの業者も消極的になりがちな「一般媒介」も必ず売れる物件であれば話は別。積極的な営業活動を期待できるでしょう。